記事一覧

歩けないのに

いつ転んでもおかしくないような歩き方なのに山菜取りができるお年寄りがいます。陸ではやっと動いているのに
漁をしてくる老漁師がいます。薬の名前が覚えられない、患者さんの名前も覚えられない、目が見えない。でも診察をうけた患者さんは元気になって帰る。そんな医者に私はなりたい。医療安全のためには、「あれ」といったら「あれね」とわかってますよという優しい看護師がそばにいることが必要です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント