記事一覧

入れ歯

齢を重ねても初めての経験はあるもです。部分入れ歯を入れました。10年以上前に診てもらった歯科医の姪におじさんの歯ぼろぼろだよと言われていたのです。60歳を過ぎた時、父も母も入れ歯をしていたように記憶しています。入れ歯が便利かどうかはまだわかりません。100歳のジャーナリストむのたけじはたしか歯がなかったような気がします。歯がなくとも心の若さは失いたくありません。...

続きを読む

春分

10度前後の暖かな日が続きます。朝は5時半には明け、夕方は6時になっても薄暮です。先日までの厳しい冬がウソのようです。セタも気持ちよさそうに昼寝をしています。5年前に徳洲会を後にした日の寒さと、翌日のせたなの寒さが思い出されます。初志忘るべからず。...

続きを読む

上山集落

山口でポートフォリオの勉強会に参加したついでに上山集落を見学して来ました。限界集落が限界を超えた時に再生のキーになったのは都会から来た若者たちでした。成長戦略や生産性をあげることに価値を見出せない若者たちです。雲海が見えるという山の中にひょっこりひょうたん島のような集落がありました。...

続きを読む

高齢運転

地域包括支援のポイントに運転免許があります。運転ができなくなると活動範囲が狭まるだけでなく自尊心を傷つけられた精神的ダメージもはかりしれません。去年10ヶ月で、北海道の75歳以上の免許更新者70926人のうち認知症とされたのが1706人でした。専門医による診断書提出命令により免許取り消し処分が決定されたのが109人でした。取り消されても再申請の権利は保障されています。...

続きを読む

意見箱

優しい先生にみてほしい、買い物できる大きな店が町にほしいとの切実な要望が意見箱から出て来ました。どちらもかなえてあげることは私にはできません。それどころか「それなら都会へ行けばいいだろう」という意見に正面きって反論もできません。日本国憲法第22条には居住の自由をなん人も有するとされています。自己責任論と戦闘機にかける莫大な金額で基本的人権は吹っ飛んでいきそうです。...

続きを読む